TOP

古賀眼科

古賀眼科 〒708-0825  
岡山県津山市志戸部651-1
TEL. 0868-31-3232  
FAX. 0868-31-3233 アクセスマップ 駐車場27台完備
 0868-31-3232 午前 9:00 - 12:00 / 午後 15:00 - 18:00
  • TOP
  • >
  • 院内設備

院内設備

院内施設

受付
待合
診察室
リカバリー室
検査室
手術室

院内機器

レーザー白内障手術装置
レンズエックス(日本アルコン)
  1. フェムトセカンドレーザーと呼ばれるレーザーを的確にコントロールしながら、従来は人の手に頼らざるを得なかった白内障手術における難易度の高い過程を、正確かつ最適に行えるようにした、国内初承認の白内障手術用レーザー手術装置です。
  2. フェムトセカンド(フェムト秒)とは、1000兆分の1 秒を意味し、レーザー照射によってミクロンレベルの精度と均質性を実現します。これまで術者の技量や経験に依存していた以下の行程を本製品による手技に置き換えることで、手術のさらなる効率化と精度の向上をもたらします。
イメージガイドシステム
VERION™(日本アルコン)
  1. 測定モジュール、ビジョンプランナー、デジタルマーカーで構成され、白内障手術に精度と再現性のイノベーションをもたらします。
  2. 特にトーリック眼内レンズの使用時に、精度の高い手術を行うことができます。
白内障手術装置
世界最高峰の白内障硝子体手術に対応する
コンステレーションビジョンシステム(日本アルコン)
  1. OZILトーショナルハンドピースによる白内障手術時の効率を向上させます。
  2. アルコンMIVSプラットフォームにより、より早い視力回復を実現し、患者の快適性を向上させます。
  3. 10000cpmを実現する高性能ウルトラビットプローブとデューティーサイクルコントロールは、医原性裂孔や術後合併症のリスクを軽減させます。
  4. IOPコントロール機能により眼内圧を自動調整します。
  5. V-LOCITYにより手術室のセットアップ時間を36%改善させます。
手術顕微鏡
OPMI Lumera-i(カールツァイス)
  1. 眼科専用に設計されており、高いパフォーマンスを発揮する最新型の手術顕微鏡になります。
  2. 解像度が高く、組織の細部に渡って観察することでき、高い安全性へと繋がります。
眼科用手術台
メプロⅢ(タカラベルモント)
  1. 眼科専用の手術台です。
  2. 電動式リクライニングチェアになっております。そのため座った状態から電動で仰向け姿勢になることができ、ベッドへの乗降りが非常に楽なことが特徴です。
三次元眼底画像解析装置(OCT)
3D-CT2000FA(トプコン)
  1. 非接触式に且つ短時間にて、「黄斑」と呼ばれる網膜の最も重要な部分を検査します。
  2. 10層からなる網膜の微細な情報を画像にて捉えることができ、病変部の早期発見に繋がります。
  3. 瞳を開かない状態で眼底撮影が可能であり、網膜疾患や緑内障の診断治療に役立ちます。
  4. 造影検査も可能であり、網膜血管に異常がないかどうか調べることができます。
光干渉式眼軸長測定装置
OA-2000+AL-4000(トーメーコーポレーション)
  1. 非接触式に眼軸長(角膜から網膜まで)を測定します。
  2. 最新機種であり測定時間が短く、患者様の負担を軽減します。
  3. 従来の超音波方式での測定も可能です。
スペースセービングチャート
SSC-370(ニデック)
90cmの距離で視力検査を行います。 
液晶視力計
FC-1000(トーメーコーポレーション)
5M及び3Mでの視力検査を行います。
オートケラトレフラクトメーター
KR-1(トプコン)
眼の屈折度数(近視・遠視・乱視など)と、角膜(くろめ)の曲率半径(丸みの程度)を、赤外線を用いて自動的に測定します。
ノンコンタクトトノメーター
CT-1(トプコン)
空気を角膜(くろめ)に吹き付けて、眼圧(目の中の圧力)を測定します。目に直接触れることなく、軽く空気を吹きかけて眼圧を測定します。 眼圧が高くなると失明の原因ともなる緑内障になりやすくなります。日本では40歳以上の5%が緑内障であると言われ、自覚症状がほとんど無く、多くは気づかないまま放置されています。眼圧測定は緑内障の診断のための大切な検査の一つです。
スペキュラーマイクロスコープ
SP-1(トプコン)
角膜(くろめ)の内側の「角膜内皮」という細胞を撮影し、細胞数を数えます。年齢や病気により内皮細胞の数は減っていきますが、これを見ることで角膜の健康状態を診断できます。
オートレンズメーター
CL-300(トプコン)
  1. メガネの度数や、乱視の角度を測ります。
  2. レンズを乗せて位置を合わせると、自動的に測定します。累進レンズ(遠近両用レンズ)や、コンタクトレンズも測定可能です。
超音波画像診断装置
UD-8000(トーメーコーポレーション)
  1. 超音波を使用して眼の中の断層像を撮影します。
  2. 網膜剥離や硝子体出血などの診断に用います。
マルチカラーレーザー光凝固装置
Vision-One(日本ルミナス)
網膜裂孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症から加齢黄斑変性、緑内障までマルチにこなせる多機能レーザーです。
ヤグレーザー光凝固装置
Aura-PT(日本ルミナス)
主に後発白内障、及び閉鎖隅角緑内障の治療に使用します。
自動視野計
ハンフリーフィールドアナライザー(カールツァイス)
「見えている範囲」(視野)を測定します、定期的に検査することで経時変化を捉えることができ、緑内障においては必須検査になります。ハンフリーは世界的に最も多く使用されており、高い信頼を誇ります。
細隙灯顕微鏡
SL130(カールツァイス)
外来で使用する顕微鏡です。優れた光学系と高い解像度を誇り、眼の外側・内側を鮮明に観察することができます。