白内障レーザー手術

メスを使わない最先端のレーザー白内障手術

レーザー白内障手術とは、レーザーを利用して、メスを使わずに高度な白内障手術を行う方法です。

当院で採用している白内障手術用レーザー「LenSx®(レンズエックス)」は、白内障手術で最も高度な技術が必要とされる過程を、正確にレーザー(フェムトセカンドレーザー)で行うことのできる、最先端の白内障手術機器です。

フェムトセカンドレーザーとは

フェムトセカンドとは、1000兆分の1秒のことで、非常に短い時間です。フェムトセカンドにまで短縮したレーザーは非常に強いレーザー強度となります。これまでも工業用の微細加工などで用いられてきました。このレーザーを眼科領域の手術に使用することにより、メスを使わず、ミクロン単位の精度の手術が可能となります。

これまでにもレーシックなどの屈折矯正手術に用いられており、角膜の手術では角膜移植やLASIKのフラップ作成などで、使用されていました。そして技術の進歩により、水晶体も切開可能なフェムトセカンドレーザーが登場しました。

レーザー白内障手術の適応

白内障手術が難症例と言われている方は、特にこの手術に向いております。 プレミアム眼内レンズ、特に多焦点眼内レンズを使用する場合は可能な限り、レーザー白内障手術をお勧めいたします。

この手術に向いておられない症例は、以下の通りです。

  1. レーザーを照射するためにサクションリングと呼ばれるリングを結膜に取り付ける必要がありますが、目を大きく開けられない方はリングを取り付けることができませんので不適応となります。
  2. 白内障手術前に散瞳といって、点眼薬を使って瞳を大きく広げますが、人によっては、いくら点眼をしても瞳が大きく広がらない方がおられます。このように、散瞳時に瞳が大きく広がらない方はレーザーを正確にあてることが困難になりますので、レーザー白内障手術に適してません。
  3. 本来は透明組織である角膜が濁っておられる(角膜混濁)方も同様の理由で適しておりません。

LenSx® を用いたレーザー白内障手術の流れ

手術の計画

患者の眼の状況(水晶体・角膜の厚さ、角膜乱視軸等)に応じて最適な手術プランを作成する。

画像:手術の計画

角膜切開

フェムトセカンドレーザーで最適な位置に正確な切開を作成する。メスは使用しない。

画像:角膜切開

前嚢切開

フェムトセカンドレーザーで最適な位置に正円の前嚢切開を作成できる。

画像:前嚢切開

核分割

フェムトセカンドレーザーで最適かつ容易に乳化吸引できるように予め分割を加える。

画像:核分割

水晶体核吸引

細分化した水晶体核は容易に吸引できる。

画像:水晶体核吸引

レーザー白内障手術のメリット・デメリット

メリット
合併症の発生リスクが低い

従来の白内障手術では、すべての工程が術者の手で行われています。ほとんどの症例では何の問題もありませんが、水晶体の形状などにより、どうしても予期しない合併症を生じてしまう可能性があります。
レーザー白内障手術の場合、患者様の眼に合った精密な手術計画を立て、術者はそれをモニター画面上で確認しながら手術を行い、より正確で精密な手術が可能となります。

メリット
目に負担がかからず術後の回復が早い

水晶体にレーザーによって予め切開を入れることによって、吸引除去する際の超音波時間を大幅に減らすことができます。これにより手術にかかる時間も短縮され目の負担が少なくなり、傷口も小さく炎症も少なくなり、術後の早期回復が可能になります。

メリット
プレミアム眼内レンズの機能を最大限に発揮できる

近年、乱視矯正機能、遠近にピントの合う多焦点眼内レンズ、遠中近にピントの合うトリフォーカル眼内レンズなど、付加価値のついたレンズを総称してプレミアム眼内レンズと言います。
プレミアム眼内レンズは、より正確に水晶体嚢内に眼内レンズを固定することによって、レンズの機能をフルに発揮可能です。

デメリット
白目が充血することがある

レーザーを照射する際に特殊なコンタクトレンズで固定するため、白目が充血することがあります。1週間程度で改善し、視力には影響ないので心配ありません。

デメリット
通常の白内障手術より時間がかかる

通常の白内障手術より、レーザー照射分、手術時間が長くかかります。

よくあるご質問

レーザー白内障手術と通常の白内障手術の違いは何ですか?
レーザーは白内障手術の細かい作業を自動で正確に行います。メスを使用せずに手術を進めることが期待できます。
レーザー白内障手術は安全ですか?
コンピューター制御されたレーザーで自動的に行うのでマニュアルよりも正確性と安全性が高まることが期待できます。
レーザー白内障手術の何が良いのですか?
レーザーで細かい作業を極めて正確かつ安全に進めることができ、手術精度を高め術後屈折の安定が期待できます
レーザーを使うときに痛みはありますか?
点眼麻酔をするので、ほとんどありません。眼を固定するときに少し圧力がかかりますが、眼をこする程度の圧力と言われています。
眼は充血しますか?
眼を固定するときに白目が充血しますが、視力や見え方には影響がありません。1週間ぐらいで充血は収まりますのでご安心ください。