疾患について

白内障

人間の目の中にはカメラに例えるとレンズに当たる水晶体という部分があり、水晶体が濁ってくる病気のことが白内障です。白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。 最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症が増えています。
その他、母親の体内で風疹に感染するなどが原因で生まれつき白内障になっているケースや、目のけがや薬剤の副作用から白内障を起こす場合もあります。

図:白内障について
白内障レーザー手術について 日帰り白内障手術について

眼瞼下垂

眼瞼下垂(がんけんかすい)とはどんな病気?

文字の通り上のまぶた(眼瞼)が下がって(下垂)開けにくくなる状態のことです。

我々の眼は通常、上瞼が引き上げられることで開きますが、これが十分上がらなかったり、または瞼は上がっていてもその上の皮が被さってしまうと、上の視界が十分得られなくなってしまいます。 すると、私たちの体は何とか視野を確保しようと無意識に対応します。
例えば眉毛を上げて少しでも瞼を上げようとしたり、頭を上向きにして上の視界を確保しようとします。
その結果、おでこに横皺が寄って取れなくなったり、慢性的に首や肩が凝ってしまったり、それらの緊張状態が続くため頭痛が続いたりと、様々な不具合を伴う原因となります。

図:眼瞼下垂について

症状

  • まぶたが重くて開けづらい
  • 額のシワが目立つようになった
  • 右と左で目の大きさが違う
  • 昔に比べ目が小さくなった気がする
  • 上の視野が狭くなった、運転していて信号が見づらい
  • 頑固な肩こりがある
  • 頭痛がある
  • まぶたの上の方が凹んでいる
  • 眼精疲労が強い

原因

一般に眼瞼下垂の原因の多くは、老化やコンタクトレンズの長期使用によって瞼を上げる筋肉が弱ってしまったり腱がゆるんだりするためで、これらは誰にでも年齢を重ねるにつれて少しずつ起こっているものです。また、瞼の皮がたるんでかぶさってくる場合もあります(これは厳密には眼瞼皮膚弛緩症といいます)。これらは手術によって治療することが可能です。
他の原因としては筋肉を動かす神経の障害であったり、大きな外傷、内科的な病気の随伴症状として生じる場合もあります。
これらの場合根本的な解決を手術で得ることは難しいですが、症状の緩和ができる可能性があります。

治療

眼瞼下垂の治療は手術になります。
瞼が明けにくくなっている原因ごとに方法が異なります。

眼瞼下垂の手術について

緑内障

緑内障(りょくないしょう)とは何らかの原因によって、視神経が障害され、それにともなって視野が狭くなる疾患のことをいいます。
わが国において40歳以上の20人に1人(5%)の方が緑内障に罹患しているといわれています。これに緑内障疑いの例を含めると7.5%にもなります。そのうち治療をきちんと受けられている方の割合はわずかで、約9割以上のかたは未治療であるともいわれています。その一方で緑内障はわが国における身体障害者認定原因疾患の第一位であり、失明する危険性もあるため、早期発見、早期治療が望まれます。早期に治療を開始することで、失明を避けられる可能性が十分あるため40歳以上の方は眼科での検査をお勧めします。

図:緑内障について

糖尿病網膜症

今日、糖尿病患者は全国で約720万人、40歳以上の約3人に1人が糖尿病患者または糖尿病予備群であるといわれています。
糖尿病は全身に合併症を引き起こす病気ですが、特に腎臓、神経症とともに3大合併症の一つである網膜症は日本における中途失明原因の第2位となっています。
一般的に糖尿病になって10年で約半数の人に網膜症が発症し、糖尿病患者の約1%の人がこの網膜症などにより失明しているといわれています。
糖尿病網膜症の怖い点は発症しても自覚症状のない場合がほとんどで、視力低下などの自覚症状が出た時には、かなり進行した場合が多いことです。
そのため自覚症状がなくとも眼科で定期的に検査を受けることが重要です。
糖尿病網膜症が進行すればレーザー治療が必要になります。 また硝子体出血や網膜剥離などを生じてしまった場合には硝子体手術が必要になります。

黄斑部浮腫に伴う視力低下に対しては硝子体注射を施行します。

図:糖尿病網膜症について

加齢黄斑変性症

私たちはモノを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜という組織で刺激として受け取り、その信号を脳に送るために視神経に伝達します。その網膜の中心部分が黄斑です。加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気のことです。黄斑が変化すると、モノがゆがんで見える、視野の中心が暗くなる・欠ける、視力が低下するなどの症状が出ます。治療は、抗VEGF療法という新生血管を沈静化させる薬を硝子体内に注射する方法が一般的です。抗VEGF療法は当院で受けることができます。

図:黄斑変性について

網膜裂孔・裂孔原性網膜剥離

網膜に孔(網膜裂孔・網膜円孔)が開いてしまい、目の中にある水(液化硝子体)がその孔を通って網膜の下に入り込むことで発生します。網膜に孔が開く原因として、老化・網膜の萎縮・外傷などがあります。
剥がれた網膜は光の刺激を脳に伝えることができません。
また、剥がれた網膜には栄養が十分行き渡らなくなるため、網膜剥離の状態が長く続くと徐々に網膜の働きが低下してしまいます。そうなると、たとえ手術によって網膜が元の位置に戻せたとしても、見え方の回復が悪いといった後遺症を残すことがあります。網膜裂孔の段階であればレーザー治療で進行を抑えますが、網膜剥離が発生してしまうと手術での対応となります。

図:網膜剥離について

黄斑上膜

黄斑上膜とは、網膜の中心部の黄斑部に線維性の膜が形成され、その結果網膜にしわが生じ、物が歪んで見えたり(変視症)、視力が低下する病気です。老化現象の他に、網膜剥離や網膜裂孔の治療後、あるいはその他の眼底の病気に続いて生じることもあります。

自然に治る可能性はほとんどありませんので、物が歪んで見えたり、視力が低下するなどの自覚症状がある場合は、手術を受けられたほうが、症状が改善する可能性が高くなります。

図:黄斑上膜について

黄斑円孔

網膜の中心部の黄斑部に穴が開いてしまう病気が、黄斑円孔です。その原因の多くは、老化現象により硝子体によって黄斑部が引っ張られるためであると考えられています。黄斑円孔ができると視力が低下し、視野の中心が見えにくくなります。自然に治ることはきわめて稀ですが、放置しても失明することはありません。しかし発症から6ヶ月以内であれば、1回の手術で90%以上の確率で円孔は閉じ、視力の回復が期待できますので、手術による治療が一般的です。逆に発症から時間が経つと治療が困難になります。若年者で外傷により黄斑円孔を生じることがありますが、この場合は自然に閉鎖することがあるため、3~6ヶ月間は経過をみます。

図:黄斑円孔

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とはどんな病気?

網膜静脈閉塞症は、網膜の静脈が詰まっている状態です。網膜の静脈が詰まると静脈の圧力が上がり、網膜の血管が広がったり、蛇行したり、出血したりします。また、網膜に血液中の水分がたまったりして、むくみ(黄斑浮腫)を起こします。

網膜静脈閉塞症の治療法

抗VEGF療法

網膜静脈閉塞症に伴う黄斑部のむくみには、VEGFという物質が関与しています。そのためVEGFのはたらきを抑える薬を目に注射します。

レーザー光凝固

レーザー光線をむくみのあるところに照射して、むくみを抑えます。また、光凝固は重症化を防ぐために予防的に行われる場合もあります。

ステロイド療法

炎症を抑える作用があるステロイド薬を目に注射して、黄斑のむくみを抑えます。

硝子体手術

他の治療法で十分な効果が見られない場合や硝子体出血が起こっている場合などには硝子体手術が行われることがあります。

ドライアイ

涙の減少や成分の変化によって、結膜や角膜などの目の表面が「肌荒れ」のような状態になり、様々な症状が現れる状態を「ドライアイ」といいます。ドライアイには涙の分泌量が減るタイプ(涙液減少型)のものと、涙の蒸発が進みすぎるタイプ(蒸発亢進型)のものがあります。長時間のパソコン作業、エアコンによる乾燥、コンタクトレンズの長時間装着、ストレスの増加などにより、最近、蒸発亢進型のものが増加傾向にあります。ドライアイでは、「目が疲れる」、「目の違和感」、「目がゴロゴロする」、「目がショボショボする」、「目が重い」など、症状の訴えは多様で、最初から「目が乾く」と訴える人は意外に多くありません。悪化してくると、「目が痛い」、「目を開けていられない」などの症状があらわれます。症状が重くならないうちに、眼科で治療を受けることが必要です。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは直接眼にのせて屈折異常(近視、乱視、遠視、老視)を矯正する、法律で定められた「高度管理医療機器」ですので、眼科医の処方により正しく使用することが大切です。
また、後々の定期検診も、快適にコンタクトレンズを使用するためにとても重要です。
当院では、初めてコンタクトレンズを装用される方のご相談や、日頃から装用されている方の定期検査やお悩みの相談など、コンタクトレンズに関するあらゆることについて専門医が対応しております。